技術情報

魚の「鮮度を長持ち」させる装置です

CELL FINE

セルファインとは「鮮度保持水」の製造装置の事です。細胞を活かし鮮度を保つことが可能です!

 

機能 「水氷」に使用する海水にナノバブルを付加して魚の「鮮度を長持ち」させます。

 

 

「ナノバブル水」の鮮度保持メカニズム!

CELLFINE

鮮魚の鮮度低下は、筋肉への酸素供給が原因。

魚は細菌などの微生物による腐敗が起こる前から、漁獲後死亡と同時に、筋肉への酸素供給が停止し、酸素による筋肉の自己消化が始まり鮮度が低下していきます。

 

「鮮度保持」とは魚の細胞死を遅らせること。

鮮魚度低下を防ぐには、魚の命が絶えた後も筋肉への酸素供給を維持し、細胞死を遅らせることが必須です。

 

ナノバブル水は「死亡後の魚の体内に酸素を供給」して鮮度保持。

浸透性に優れたナノバブル水は、死亡後の魚の体内に浸透し筋肉への酸素を供給します。そのことにより筋肉は「活き」状態を長く保つことが可能となり、鮮度保持へと繋がります。

一目でわかる実験結果!

試験区

対照区