収量と金額でみる利用効果
酸素ファインバブル水 利用効果 収量増加 増収 大玉トマト

【収量でみる利用効果】

大玉トマト事例

 

7t(/10a)の増収効果 

1個の重量が増加(同サイズの果実と比較して重量が重くなります。)

1個200gのトマトが230gになり、収量が15%増え19.55t/10aになり、

着果重量は2.55t/10a増収となります。

 

 

1果房当たり着果数が増加

1果房平均着果数4個が4.6個に増え、1株当たり17果房(段)栽培した場合、

着果数が15%増え10,200個/10a多収となり、

着果重量は2.346t/10a増収となります。

 

 

 

果房数(段数)が増加

果房数17段栽培が19段に2段増加(11.2%)すると

着果重量は2.116t/10a増収となります。

 

 

10a当たりの増収効果の合計は?

  7.012t/10a 

 

 

 

【金額でみる利用効果】

 

175万円(/10a)の増収効果  

市場価格を250円/kgとすると、

栽培面積が60aでは年間1,050万円の増収となります。(下記表参照)