①大玉トマト栽培状況
酸素ナノバブル水の手灌水(トマト)

酸素ナノバブル水の水やり(トマト)

苗の活着が良く、植え替え作業が削減できます。

 

苗は収穫末期まで健全な状態を保ち、生育不良苗の植え替え作業などが不要です。

 

厳寒期(2月、3月)の収穫落ち込が最盛期の90%程度と少ないのが特徴です。

2月のトマト草姿

3本仕立て栽培

2月のトマト草姿