冬場でも安定した収量
厳寒期 収量 潅水 酸素ファインバブル水 ニガウリ ゴーヤ

ニガウリ

画像は12月に撮影されたゴーヤです。

他農場が落葉している中、真冬でもこれだけたくさん実ります。

画像左側の水路をみるとすごい滞水量ですが、

酸素ファインバブル水であれば根腐れもせず、安定した収量が見込めます。

厳寒期 収量 潅水 酸素ファインバブル水 ナス

ナス

2月に撮影されたものですが、真冬とは思えない着果数です。

好天が続けば1週間で100万円/4.5反以上になった事例もあります。

厳寒期 収量 潅水 酸素ファインバブル水 ミニトマト

ミニトマト

なり疲れがないので、8か月間このような状態になります。

成長に必要な「水」「酸素」「肥料」を湿害の心配がなくより多く供給できるためです。