•  

     

     

     

家畜の健康と高い品質を酸素で守ります

畜産用飲用酸素水生成装置

飲用水を酸素水にすることで、つくられるエネルギー量が増え、成長促進や免疫機能の向上などの効果により、健康に育ちます。年々厳しさを増す猛暑の中でも安定した分娩率を維持するなど、環境変化にも適応できる力を引き出します。そのほかにも、肉質の向上やストレス緩和などの効果により、総合的な生産性の向上を実現します。

効果

飼育日数短縮

栄養吸収と免疫機能を高め、成長を促進させ、健康に育ちます

品質向上

格付け等級の向上、うまみ・甘み成分の多い肉質となります

事故率低減

免疫機能を高めることで事故率を抑えます

におい軽減

においが軽減されるほか、毛艶がよくなります

ストレス緩和

ストレスフリーですくすく育ち、お互いにも人に対しても穏やかでフレンドリーになります

家畜の種類別の効果

  • c11

    育牛

    枝肉格付等級向上

    飼育期間短縮

    事故率低減

  • DS

    養豚

    飼育期間短縮

    給餌量削減

    事故率低減

    肉質向上

    におい軽減

    分娩率維持

  • chi

    産卵鶏

    採餌量増加

    産卵量増加

    卵重増加

    産卵開始の早期化

    ブロイラー

    飼育期間短縮

    給餌量削減

    事故率低減

事例

  • 枝肉格付等級の構成割合の比較

     

    導入牧場の枝肉格付等級A5の構成比率は全国平均の2倍となりました。また、全頭数に占めるA5・A4の構成比率は全国平均の71.6%に対して導入牧場は100%でした。

     

 

全国平均に対する枝肉価格増加額 104万円/6頭

※¹ 枝肉重量 520㎏×6頭=3,120㎏を販売した場合 

※² 価格は2020年1月某市場去勢牛の価格で計算 

※³ 牛重量は800㎏にて換算 

 

養豚における導入前後の比較

導入前と導入9か月後との比較データです。

飼養頭数規模…母豚150頭・出荷頭数3,000頭  飼料…とうもろこし主体の自家配合飼料

 

削減額 989万円*

*削減額は飼育日数短縮と事故率低減による削減額の合計

導入初年度最終増益 549万円

次年度以降増益 949万円

 

  • (1)飼育日数短縮

    導入後15日間(約8%)短縮されました。

    削減額 約612万円

    ※1頭あたりの生産費を25,164円で換算

  • (2)給餌量削減

    導入後10%削減されました。

     

     

  • (3)事故率低減

    導入後1%未満に低減しました。

    削減額 約377万円

    ※1頭あたりの販売価格を31,427円で換算

  • 肉質の向上

     

    豚肉100g中に含まれる遊離アミノ酸量(18種)が約30%増加しました。特に、アラニンやグリシンなどが多く含まれており、うまみや甘みの強い肉質になりました。

    分析 日本食品分析センター

養鶏における導入前後の比較

導入前と導入3か月後との比較データです。

 

 

  • (1)採餌量増加

    導入後23%増加しました。

     

  • (2)産卵量

    導入後約2倍となり、94%増加しました。

     

  • (3)卵重増加

    導入後2%増加し、最大で80gほどになり、Lサイズより大きくなりました。